年収アップの近道とは・・・

ワイモバイルに乗り換えて良かったこと4点

ワイモバイルに乗り換えて良かったこと4点

今回はソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて良かったこと4点を紹介します。

大手キャリアから格安SIMへの変更を検討されている方はぜひ参考にしてください!

【関連記事】

ソフトバンクから ワイモバイルに 乗り換える 4つのステップソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順を4ステップで解説

ワイモバイルに乗り換えたら携帯代が半分以下に

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて1番良かった点は何よりも携帯代が安くなったということです。
タイトルにある通り半分以下になりました。

詳細は以下の通りです。

ソフトバンクの料金

私の場合、ソフトバンク時代の契約プランと料金は次のようになっていました。

  • スマ放題 専用2年契約 2,700円
  • データ定額 5GB   5,000円
  • ウェブ使用料      300円
  • 消費税(10%)     800円
  • 合計          8,800円

ワイモバイルの料金(プランM)

今回契約したワイモバイルのプランと料金は次の通りです。

  • スマホベーシックプランM 3,680円
  • 消費税(10%)       368円
  • 合計           4,048円

以上の通り、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えたおかげで、毎月の携帯代を半分以下に抑えることができました

MEMO
8,800円-4,048円=4,752円お得に

年間では56,000円ぐらい通信費を削減できたことになります。

また、同時期に妻もソフトバンクからワイモバイルに乗り換えました。
夫婦合わせると年間の携帯代がなんと10万円以上も安くなります。

この支出削減効果ってめっちゃ大きいですよね!

ワイモバイルの料金プランは3つ

ワイモバイルでは3つのプランが用意されています。

先ほど紹介したプランM以外にSRがあります。
それぞれの料金とデータ容量は次の通りです。

プランS3GB2,948円
プランM9GB4,048円
プランR14GB5,148円

※金額は消費税込み(10%)

契約後6ヵ月間は新規割の適用あり

ちなみにワイモバイル乗り換え後、6ヵ月間新規割770円(税込み)割引になります。

そのためプランMの場合、割引期間中の料金は3,278円です。

【家族割】家族も切り替えればさらにお得に

今回、妻もソフトバンクからワイモバイルに切り替えを行っています。

家族もワイモバイルを使用する場合、2回線目以降の契約分から550円(税込み)が毎月割引になります。

これは新規割と異なり6ヵ月経過後も適用が続きます

妻も料金プランはMにしたので、家族割適用後の携帯代は毎月3,498円になります。

もちろん妻も新規割の適用があるため、最初の6ヵ月間は2,728円です。

家族割の適用範囲について

家族割の適用範囲は次の通りです。

ワイモバイルの家族割の範囲
[Y!mobile公式HPより]

ご家族(血縁・婚姻)、または同姓、もしくは同住所(生計を同じくしている)であることが確認できること。
お手続きには家族確認書類が必要となります。
[Y!mobile公式HPより]

  • 別居でもOK
  • 親等数に制限なし
  • 同居中の恋人もOK

ということなので適用範囲はかなり広めです

携帯代が安くなったことを家族に教えてあげたら、妹も父親も早速乗り換えを検討し始めました。

携帯代は安くなったのにデータ容量は増加

次に良かった点はデータ容量が増加したということです。

ソフトバンク時代は5GBでしたが、ワイモバイルに乗り換えて9GBに増加しました。

先ほど紹介した通り、携帯代は半分以下になったのに対してデータ容量は約2倍です。

ソフトバンクの時は年に1~2回ぐらいは5GBを超えてしまい、追加料金を支払うということがありました。
そのためデータ容量の増加は非常にありがたいです。

負担は減って、データ容量は増加と良いことづくしです。

1回あたり10分以内の国内通話ならタダ

笑顔で電話をする女性

さらにワイモバイルなら1回あたり10分以内の国内通話がタダです。

これは特にオプションなどを付ける必要がなく、基本料金の中に含まれています

最近は通話でもLINEを使用する人が多いですが、普通に電話をかけても10分以内ならタダというのはありがたいです。

通信速度が速い

ソフトバンクから格安SIMへの切り替えにあたり1番気になった点通信速度でした。

「料金が下がっても通信速度が遅すぎて使い物にならない」
という状態を心配されている方は多いのではないでしょうか?

結論から言うと全く問題なく使えています!

実際、私がワイモバイルを選んだ点もこの通信速度にあります。
ソフトバンクとワイモバイルの通信速度を実際に測定した結果はこちらです。

通信速度の比較 8時台

ソフトバンク

ソフトバンク 8時の通信速度

下り 31.63Mbps
上り 1.36Mbps

ワイモバイル

ワイモバイル 8時台の通信速度

下り 31.66Mbps
上り 26.56Mbps

通信速度の比較 22時台

ソフトバンク

下り 28.50Mbps
上り 3.87Mbps

ワイモバイル

下り 20.58Mbps
上り 1.02Mbps

以上をまとめると次のようになります。

ソフトバンクワイモバイル
8時 下り31.63Mbps31.66Mbps
8時 上り1.36Mbps26.56Mbps
22時 下り28.50Mbps20.58Mbps
22時 上り3.87Mbpd1.02Mbps

ほとんど大差がないことが分かります。

おまけ テザリングは使えるか?

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるにあたり気になった点がもう1つありました。
それはテザリングが使えるかどうかです。

実際にどうかと言うと・・・

テザリングに関しても問題なく使えます。

こちらも特にオプションなどを付ける必要がなく、基本料金の中に含まれています

私の場合、データ容量が増えたおかげでテザリングの際もあまりデータ量を気にすることなく使えるようになりました。

【関連記事】
ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順はこちらを参考にしてください。

ソフトバンクから ワイモバイルに 乗り換える 4つのステップソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順を4ステップで解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA