年収アップの近道は・・・

SANGOにGoogleタグマネージャー(GTM)を導入する方法

Googleタグマネージャー GTM SANGO 導入

こんにちは、ゆうぴん(@yu_pin1984)です。
私のブログではWordPressのテーマにSANGOを使用しています。

今回はこのSANGOにGoogleタグマネージャー(GTM)を導入する方法を紹介します。

ゆうぴん
ゆうぴん

Googleタグマネージャーの導入がめっちゃ簡単というのもSANGOの魅力

この記事で分かること

  • GoogleタグマネージャーをSANGOに導入する方法
  • Googleアナリティクス4(GA4)で計測ができる状態にする方法

Googleタグマネージャーのアカウント作成の流れ

まずはGoogleタグマネージャーのアカウントを作成します。

アカウント作成

Googleタグマネージャー GTM アカウントを作成


「アカウントの作成」をクリックします。

新しいアカウントの追加

Googleタグマネージャー GTM アカウントの設定

アカウント名:任意の名前で登録します。
国:日本を選択します。

Googleや他の人と匿名でデータを共有

チェックを入れると『ベンチマークサービス』を利用することができます。

『ベンチマークサービス』とはGoogleが有する多数のサイトデータを基にあなたのサイトの総合的な傾向をお知らせしてくれるサービスです。

「匿名ならデータを共有してもいいよ!」という方はチェックを入れましょう。

コンテナの設定

Googleタグマネージャー GTM コンテナの設定

コンテナ名:Googleタグマネージャーを設置するHP、ブログのドメインを入力します。
ターゲットプラットフォーム:ウェブにチェックを入れます。

そして「作成」をクリックします。

Googleタグマネージャーの利用規約

Googleタグマネージャー GTM 利用規約

言語の選択ができますが日本語はありません
規約に同意しないと利用できないため「はい」をクリックします。

※「GDPR で必須となるデータ処理規約にも同意します」はチェックを入れておくことをおすすめします。

これでGoogleタグマネージャーのアカウントの作成は完了です。

SANGOにGTMのコードを埋め込む

GTMのアカウント作成が終わったら、次はGTMのコードを埋め込みます。

Googleタグマネージャー GTM コード スニペット


アカウント作成後に「Google タグ マネージャーをインストール」という画面が表示されます。
画面に出てくる2種類のコードをあなたのブログに埋め込みます

まずはWordPressの管理画面にログインします。
ログインしたら「外観」→「カスタマイズ」→「詳細設定」へと進みます。

Googleタグマネージャー GTM SANGO タグ設置

そして

  1. 「headタグ内にコードを挿入」 → GTMコードのhead用タグ
  2. 「body閉じタグ直前にコードを挿入」 → GTMコードのbody用タグ

を貼り付けます。

GTMには「開始タグ<body> の直後にこのコードを次のように貼り付けてください。」とありますが、body内にコードを貼り付けておけば機能するので恐らく問題はないと思います。

どうしてもbodyタグ直後に貼り付けたいという場合は子テーマのheader.phpを編集しなければならず、FTPソフトなどを使う必要が出てきます。

正直言ってかなり面倒くさいので、こだわりがなければ「body閉じタグ直前にコードを挿入」のところに貼り付けでOKだと思います。

Googleアナリティクス4で計測できる状態にする方法

次はGoogleアナリティクス4(GA4)のタグの設定方法を説明します。

タグの新規作成

Googleタグマネージャー GTM タグの新規作成

Googleタグマネージャーの左側メニューから「タグ」をクリックし、「新規」をクリックします。

Googleタグマネージャー GTM タグの設定 GA4

「タグの設定」をクリックすると「タグタイプを選択」という画面が表示されます。
おすすめにある「Googleアナリティクス:GA4設定」を選びます。

GA4の測定IDを入力

Googleタグマネージャー GTM Googleアナリティクス GA4設定

測定IDのところにGA4の測定IDを入力します。

GA4の測定IDはGoogleアナリティクス「管理」→「データストリーム」へと進み、測定するストリームをクリックすると表示されます。

Googleアナリティクス GA4 測定ID


Gから始まる「測定ID」をコピーし、GTM側に貼り付けます

さらにSANGO側にも測定IDを入力する箇所がありますので、そちらにもIDを貼り付けます。

Googleタグマネージャー GTM SANGO Googleアナリティクス GA4

WordPressの管理画面から 「外観」→「カスタマイズ」→「サイトの基本設定」→「Google Analyticsの設定」と進み、空欄のところにGA4の測定IDを入力します。

トリガーの設定

Googleタグマネージャー GTM トリガーの選択

GTMの方に戻り、次にトリガーの設定を行います。
「トリガー」のところをクリックし、「All Pages」をクリックします。

そしてタグの名称(デフォルトでは名前のないタグ)を任意の名称で入力して「保存」をクリックします。

Googleタグマネージャー GTM タグ公開

続いて画面右上の「公開」をクリックします。

Googleタグマネージャー GTM 公開

最後に「バージョン名」「バージョンの説明」を任意で入力して「公開」をクリックすれば完了です。

これでSANGOにGTMを導入し、GA4で測定ができるようになりました

最後までお読みいただきありがとうございます。

【参考】Googleタグマネージャーについて学びたいならこの1冊

created by Rinker
¥3,399 (2023/01/31 03:17:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA