年収アップの近道とは・・・

【MU】マイクロン・テクノロジー|今注目のナスダック100採用の米国株

マイクロン・テクノロジー MU micron technology

今回の記事では米国の個別株、マイクロン・テクノロジー[MU]についてまとめています。

先日、自宅のPCをHDDからSSDに換装しました。
そのSSDというのがマイクロン・テクノロジーのものでした。

【関連記事】

SSD SSD化 SSD換装 G570 Lenovo【Lenovo G570】10年経つPCをHDDからSSDに換装したら超快適に!

マイクロン・テクノロジーはSBI証券や楽天証券で取り扱いがある米国株ということで非常に気になり、色々と調べてみました。

マイクロン・テクノロジーの基本情報

まずはマイクロン・テクノロジーの基本情報です。

(2021/6/8時点のデータに基づき作成)

基本情報
  • 会社名 Micron Technology,inc.
  • ティッカー MU
  • 業種 半導体
  • 市場 NASDAQ(ナスダック)
  • 株価 80.53ドル

証券会社の取り扱い状況

  • SBI証券 〇
  • 楽天証券 〇
  • マネックス証券 〇

企業概要

マイクロン・テクノロジーはメモリやストレージの製造・販売を行っている半導体メーカーです。
1978年に社員4名の半導体製品の設計会社としてアイダホ州の歯科医院の地下室からスタートしました。

同社のメモリはPCやスマートフォン、自動車、その他の産業用など様々な製品に使用されています。

また同社は2020年の米国特許登録数上位20社のうちの1社でもあります。

米国の調査会社であるGartnerが2021年4月に発表した調査によると世界の半導体メーカー別売上ランキングでは第4位となっています。

世界の半導体メーカー別売上ランキング
  1. インテル(Intel)[米国]
  2. サムスン(Samsung Electronics)[韓国]
  3. SK hynix(SKハイニックス)[韓国]
  4. Micron Technology(マイクロン・テクノロジー)[米国]
  5. Qualcomm(クアルコム)[米国]

<出典:Gartner>

また同調査によると世界の半導体売上は前年比で10%増成長産業であることも分かります。

MUはナスダック100採用銘柄

タイトルにもある通りマイクロン・テクノロジー(以下、MU)はナスダック100に採用されています
ナスダック(NASDAQ)にはハイテク企業を中心に約3,000社が上場されています。

そのナスダック上場企業の中でも代表的な銘柄100社に絞ったものがナスダック100です。
ナスダックに上場する金融セクター以外の銘柄時価総額上位100社がナスダック100に組み入れられています。

つまりMUはハイテク企業が多いナスダック上場銘柄の中でも特に規模が大きい会社だと言えます。

MUの時価総額

MUの時価総額は940億ドル約10兆円です。

時価総額10兆円と言われてもピンとこない人がほとんどだと思いますが、日本の時価総額ランキングだとTOP10に入る規模です。

米株市場の時価総額ランキングでは第123位となっています。
さすがアメリカ、規模が違いますね!

MUの財務内容

次にMUの主要な財務データを見ていきましょう。

売上高

  • 2020年 214億ドル
  • 2019年 234億ドル
  • 2018年 303億ドル
  • 2017年 203億ドル

この2年は売上が減少傾向にあります。
しかし業績予想では2021年は270億ドル前年対比で増収の見込みとなっています。

売上総利益

  • 2020年  65億ドル(30%)
  • 2019年 107億ドル(45%)
  • 2018年 179億ドル(59%)
  • 2017年  84億ドル(41%)

()は売上総利益率です。

売上の減少もさることながら、利益率の減少も気になるところです。
特に2020年は利益率が大幅に低下しています。

当期純利益

  • 2020年  26億ドル
  • 2019年  63億ドル
  • 2018年 141億ドル
  • 2017年  50億ドル

売上の減少及び利益率の低下により2期連続で減益となっています。

MUの株価推移

続いて株価の推移をチャートで見てみましょう。

10年間の株価推移

まずは10年間の株価チャートです。

MU micron technology 10年チャート 株価 マイクロン・テクノロジー

現在の株価は約80ドルですが、なんと10年前は10ドル以下でした。
10年前から保有していればテンバガーも達成できるぐらいに株価は上昇しています。

2019/1/1~現在までの株価推移

次は2019年1月から現在までの株価チャートです。

MU micron technology 3年チャート 株価 マイクロン・テクノロジー

2020年は60ドルに迫る勢いで株価が上昇していましたが、コロナショックにより36ドルまで下落しました。
直近の高値から40%の下落です。

その後は50ドルを行ったり来たりといった様子でしたが、2020年後半からは右肩上がりで推移2021年の1月には80ドルを突破しました

MUの配当金推移

続いてMUの配当金を確認です。

2020年の配当実績は

0ドル

です。

実はMUはここ20年以上配当金を出していません
調べてみたところ最後に配当金を出したのが1996年でした。

そのため配当金狙いの投資家には向かない銘柄ということになります。
あくまでもMUはキャピタルゲイン目的で投資をしましょう

【関連記事】

VYM Vanguard-High-Dividend-Yield-ETF VYMの配当金実績【米国ETF】VYMの配当金実績まとめ

配当金狙いなら米国ETFVYMがおすすめです。

主要なETFへの組み入れ状況

最後に主要なETFへの組み入れ状況を見てみましょう。

QQQ

QQQナスダック100指数をベンチマークとするETFです。

MUはナスダック100採用銘柄ということで当然QQQには組み入れられています。
QQQへの組み入れ比率は0.72%で、構成比率は第14位となっています。
(2021/6/3時点)

VOO

VOOS&P500をベンチマークとするETFです。
S&P500は米国の代表的な株価指数で、米国に上場する銘柄500社を時価総額で加重平均した指数です。

MUはS&P500にも採用されていますのでVOOにも組み入れられています。
VOOへの組み入れ比率は0.27%です。
(2021/4/30時点)

VTI

VTIアメリカの株式市場全体に投資することができるETFです。

VTIへの組み入れ比率は0.22%です。
(2021/4/30時点)

今回のまとめ
  • ナスダック100採用銘柄
  • 10年前から保有していれば株価は10倍以上
  • 20年以上配当金を出していない

【関連記事】

太陽を背に飛び上がる2人【米国ETF】SBI証券で手数料が無料の米国ETF9銘柄を紹介

VOOVTISBI証券・楽天証券で購入手数料が無料となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA